ライブまであと20日

今のバンドの初ライブがもうじきで、リハが残り4回しかない!
自分にとっても久々のライブで緊張と楽しみなのと複雑。。。
しかも先週喉を痛めている事が発覚して治療と練習と頭が痛い。。


新しく購入したVo Effecter!イエィ(>_<)/

今までのRoland Effecterに不満があったので買い換えというか買い足し(笑)
Rolandくんはテルミンくん専属になりました。
PCで細かいエディットができたり、ギターやキーボードをPCつなげられて
レコーディングもできて、これから大活躍してくれるはずの頼もしい一品!
でも昨日のスタジオでは入る前の自宅での準備にケーブル足りなくて
セッティングができてない状態だった為、実際バンドと音を出してみたら
他の音と比べてのVoレベルが低くて余計に喉に負担が来てしまった感じ。
来週までに改善しないとなぁぁ。
ってことは来週のスケジュール的に今日やらないとまずいか。

せっかくいい天気だから野外イベントに行きたかったけど無理?
せめてベリーダンスのレッスンだけは行くぞ〜。
んで、帰りにボイストレーニング通っている空き教室借りて
エフェクターのセッティングしてこよっと!
[PR]
# by nekolovein | 2004-05-30 12:59
愛猫にはせる想い
今日は土曜出勤の日。といっても何もすることはない。。。
覚えたてのブログを閲覧に次ぐ閲覧で時間をつぶしている。
そして愛しい君を想う。

a0023060_111526.jpg

実家にいる私の最愛の猫「Cherry」。
もう13歳の初老猫だけど、箱入り猫だから歳をとらないの。
見て、このやわらかな肢体を。

逢いたい・・・・。
[PR]
# by nekolovein | 2004-05-29 11:16 |
ラブアクチュアリー
a0023060_234447.jpg待ちに待った「ラブ・アクチュアリー」のDVDがいよいよ発売されます。
恋愛に悩んでる人こそ、この映画を見て欲しいな。
19人の男女が繰り広げる様々な形の愛が詰まっています。それぞれの愛に泣き、笑い、共感し、見終わった時には必ず自分の愛、自分を取り巻く愛に思いをはせるでしょう。

私の場合この映画を見て登場人物達の愛の形をうらやましく感じて当時の自分の恋愛が本物ではない事が見えました。まだ心に前の彼が住んでいて、今の彼も本当に私にあった人ではない事に気付いてしまったのです。

普段気が強いのに好きになった人だけには一歩譲ってしまい
いつも我慢させられっぱなしの私の恋愛。
それに悩み毎日が楽しく感じられなくなっていた。
でも、一度しかない人生、やっぱり楽しい幸せな恋愛しないと駄目だ!
「ラブアクチュアリー」はそんな気持ちにさせられてしまった映画です。
WEBSITEもかなり楽しいですよ!
http://www.loveactually.jp/

実は。。。
この映画を見た3日後に映画の舞台であるイギリスのヒースロー空港で
1か月前に日本からロンドンへ戻った恋人と再会する予定でした。
でも私は直前に会う事をやめました。本当の愛をつかむ為に。
彼にはひどい別れ方となって、私も異国での初めての一人旅となり
なかなか大変な旅となりました。この話はまた後日。。
[PR]
# by nekolovein | 2004-05-28 23:45 | 映画
昨日の1枚
a0023060_102317.jpg櫻井敦司:SACRIFICE

おととい発売のBUC-TICKのボーカリスト櫻井敦司の初ソロシングルです。
彼の精神的な深みのある歌と詞は確実に私を心地の良い闇に引きずり込みます。彼の持っているそれと私の持っているそれはよく似ていて若輩者の私にとって彼の内面的な叫びとその表現は生き方へのお手本であり、道しるべです。彼自身があやうい場所を歩いている感がまだあるので、ひょっとしてよからぬところへ連れて行かれのでは?という思いもありますが、これほど影響を受けた人も珍しいので私はきっと生涯このアーティストにどこまででもついていってしまうのでしょう。また6月23日に発売予定の初のソロアルバムでは国内外様々なアーティスト(The missionのWayne Hussey, XYMOX,Cocuteu twins,Fetus,岡村靖幸,土屋昌己etc..)とコラボレートした作品群が収録されています。今まで17年間続けてきたBUCK-TICKの活動では見られなかった更なる深い深い彼の懐へ招き入れてもらえるのです。未知なる櫻井敦司に今から待ち遠しくてたまりません。

櫻井敦司に興味を持たれた方はオフィシャルサイト 
http://www.sakurai-atsushi.com へ飛んでみて下さい。
Top→Release→Singleで音源の試聴もできます。
[PR]
# by nekolovein | 2004-05-28 10:24 | 音楽