ありがとうございました
こちらのブログで3年半に渡って
愛猫チェリーを可愛がってくださった皆様
本当にありがとうございました。

今朝4時ごろチェリーは空へと旅立っていきました。

思いがけない、あっけないお別れでした。

もっと一緒にいてほしかった。
もっと一緒にいてあげたかった。

気持ちの整理をつけるのはとても大変ですが
今は私のところへ来てくれたこと
17年間そばにいてくれて癒してくれたことに
 ありがとう
という気持ちでいっぱいです。




みなさんへ
チェリーからの最後のお別れです。

時間も時間だったので近所のスーパーでお花を
買い漁ってきて、献花しました。
a0023060_028561.jpg


目も口も開きっぱなしでそれが少々..

猫には死後硬直というのがないのでしょうか?
まだ手足が柔らかく肉球もぷよぷよしています。
体が冷たいのだけが現実を感じさせます。


亡骸は庭に埋めることも考えましたが
父の定年後にどこかへ移ることも考えて
訪問火葬をお願いして、お骨にしてしばらく
一緒にいたあと海などに散骨しようかと思っています。



しばらくはさびしくてさびしくて
思い出しては泣いてしまうことでしょう。

でも愛あふれた幸せな17年間(※)でした。


チェリー、
またいつかどこかで。。。






※年齢をあやまってました。17歳と4ヶ月での永眠です。
[PR]
by NEKOloveIN | 2007-12-10 23:55 | 老猫の介護
<< お骨と足跡 病院へ >>